人気ブログランキング |

ブログトップ

『熱海で暮らす』 リゾート不動産情報

かまぼこ&ちくわ作り

先日夏休み中のことですが娘と一緒に、かまぼこ・ちくわ手づくり体験に参加してきました!
小田原市・風祭にある「鈴廣 かまぼこの里」。こちらのかまぼこ博物館内で、体験ができます。
d0035895_07320128.jpg

まずはキャップとエプロンをつけて念入りに手洗い。
最初に日々かまぼこを作っておられる職人の方が、すりみを板にのせる実演を見せて下さいます。
あざやかな手さばきで、あっというまに美しい半月型のかまぼこの出来上がり。
いざ、自分の前に配られた専用のかまぼこ包丁を使い、
見よう見まねですり身を練って余分な空気を抜きながら、板に盛り付けていきます。
あれ?職人さんのように上手くいかない???
すり身が団子のようになってしまい、不恰好です。思った以上に難しい…
悪戦苦闘の末なんとか形づくったかまぼこを、蒸し機に入れてもらいます。
次はちくわ作り。こちらは細い竹の周りにすり身を練りつけます。かまぼこよりは楽に「ちくわ」っぽくなりました。
その場で順番に焼いて下さり、15分後には出来上がり。
自分で作った焼きたてアツアツのちくわの味は格別でした!
d0035895_07335359.jpg

かまぼこが蒸しあがるまでのあいだ、向かいにあるレストラン「えれんなごっそ」でランチ。
練り製品を中心に、創作料理がバイキングでいただけます。
d0035895_07340595.jpg

またかまぼこ作りに関する展示や海底をイメージした遊び場もあり、隣接の館内では名産品を買い物して時間を過ごせます。
d0035895_07342832.jpg

印象に残ったのが、館外の水船に湛えられた地下水。
「箱根百年水」と称し、かまぼこ作りに欠かせない存在として大切にされているそうです。
小田原のおいしいかまぼこの秘密は水なんですね。
d0035895_07351336.jpg

さて蒸しあがったかまぼこは箱に入れていただき、お持ち帰りしました。
d0035895_07342490.jpg

空気が抜けてしっかり板に練りつけられているのが良いかまぼこということですが、
私がつくったのも娘がつくったのも見事に穴ぼこだらけでした。それでもおいしくいただきました!
興味のある方は一度、体験されてはいかがでしょう?子どもも大人も、年齢を問わず楽しめますよ!
by royal-atami | 2017-11-04 23:50 | 観光・イベント