人気ブログランキング |

海の日を前に

 先日、湯河原の吉浜海岸でビーチクリーンをしました。

 年に数回、ビーチコーミングを兼ねてごみ拾いをしています。

 今回は友人の誘いで、二人で行うことになりました。

海の日を前に_d0035895_16403357.jpg

 とても風が強い日で、海は風波でざわざわとしていました。

 浜に出たとたん、手にしていたごみ袋を飛ばしてしまい、必死で追いかける羽目に…

 ごみ拾いどころか、危うくごみを増やすところでした。

海の日を前に_d0035895_16404547.jpg

タバコの吸い殻、空き缶、ペットボトル、トレイやアイスクリームの袋など飲食物の容器、レジ袋、使用済みの使い捨てライター、漁網の切れ端、折れた釣り竿の柄などなど。

砂浜には数えきれないほどのごみが散らばっています。

浜に直接捨てられただけではなく、波に運ばれて打ち上げられたり、川から流れてきたり、頭上を通る道路から落ちてきたり、様々な経路でここにたどり着いたのでしょう。

 小一時間で、40ℓサイズのごみ袋がほぼいっぱいになりました。

海の日を前に_d0035895_16405405.jpg

近年、海洋汚染の原因の一つとして、マイクロプラスチックの害がニュース等で伝えられています。
 これは、海中のプラスチックごみが紫外線や熱、波によって細かく砕かれたものです。
 マイクロプラスチックを体内にとりこんだ海洋生物が死んだり、また海の魚を食べることにより化学物質が人体に移行する可能性が指摘されています。

そのため海洋中のプラスチックを回収する取り組みや研究が進められるとともに、海外の一部の国や地域において、ペットボトルや使い捨てプラスチック容器の禁止が法律化されています。
 つい先日コーヒーチェーンのスターバックスも、2020年までに世界中の全店舗でプラスチック製使い捨てストローの使用をやめると発表しました。

 地球規模で環境汚染を低減するには大きな改革が必要ですが、小さなことでも自分でできることから取り組んでいこうと思います。
 まずは、レジ袋や使い捨て容器の利用を減らすことから始めます。


by royal-atami | 2018-07-15 17:00 | その他